MENU
アーカイブ

Hello! New Year 2021

LIVE配信で迎えた年末の教会カウントダウン。

時を同じくして、隣人の家には若者の男性陣が集まったのか、程なくして我が家にまでメンズの声が筒抜け状態で思わず苦笑い。

なんてこったい。。と最初は困ったものの、隣りも騒いでいるなら「今日はご愛嬌よね!!\(^o^)/」と発想を転換させて私も思いっきり「ハレルヤー!!」と喜びを爆発。新年を歌って踊って迎えました(笑)

以前の私だったら、「隣りのお宅を静かにしてください。辛いです」と祈ってひたすら我慢していただけでした(笑)でも考えの視点や心持ちが瞬間にして変換されるようになったら、場所は変わらないのに天国になったんです。

今年のテーマを象徴するような前兆のできごとを通して、2021年の初日は新しくして過ごしました。

皆さんはどのような初日でしたか?

目次

2021年は「新しくなろう」

2020から2021に移り変わる瞬間、私は「これから一体どうなるんだろう!?」とときめいて新年を迎えました。このようなことは人生で初めて味わった感覚。

コロナ禍によって、世の中では悲しいニュースが流れたり、潜んでいた問題が顕在化したことは事実。世界が変容している流れも感じて、特に世界のためにたくさん祈りました。

しかし視点を神様に移してみるならば、人と接する機会が少なくなった代わりに、神様とのいきさつをたくさんつくれた年。毎週聞ける神様の御言葉に力と希望を受けて元気よく走れた1年で、「いや~神様の御言葉は本当に最高だ!!」と感動が溢れるしかなかったです。

2020年の7月から新しくなりたい、フェーズを変えたいと願って祈ってきた中、なんと2021年は「新しくしよう」という方向性の御言葉が伝えられました。

皆さんは、願っていることや得たいと思っていることがありますか?

願いを叶えるキーワードは”新しく”です。

心と考えを新たにしてこそ、心も考えも新しく動いて行動ができるようになる

御言葉より

新しくなるためにまずやることは「決心」から。”新しくなりたい!なろう!”と願う気持ちですね。

1月は1年をどのように過ごすか構想する月。私は今まで”なんとなく構想”、”思いつき目標”でいつの間にか忘れるパターンを繰り返していたので、まずはここを新しくしてみようと思います。

具体的には、じっくり神様と対話しながら(祈って神様に具体的に質問をする▷アイディアを受ける)腹落ち感のある計画を構想していきます

どんな構想をもらえるか楽しみ。

新しく始めたこと

構想が大事だ!」とは言え、1月はスタートしてるわけで。

考えるだけだともったいないので考えながら行うもだいじ。

何をしたらいいんだろう。。とわからなくても、さっそく御言葉で教えてもらえるからあまりにも感謝で元旦から感動しました。

心と考えだけを新たにするからと言ってそれが全てではない。体も作りなさい。削りなさい。磨きなさい。

御言葉より

この御言葉を聞きながら、年末に「本気で信仰生活をやってみよう」と心に感動を受けたのを思い出したんです。
ひとまず、”どれか1つ“ではなく”全部、どれもやってみよう“というスタンスで始めてみました。

  1. 聖書を数章、毎日読む
  2. 讃美を3曲歌う
  3. 運動をする

これだけだと今までと一緒。
ここにもうひとつプラスしたのが、「神様に質問しながら行う」こと。

たとえば、今読んでる聖書「民数記」の初めを見てみると、”『人数を数えなさい』という神様の命令を受けたモーセ御一行による調査で、どこどこの民族は何万人いて~”という記録があります。

しかしこの情報について、今の時代に読む目的と意味が一体どこにあるのかさっぱりわからないわけです。

今までだったら、聖書を読むこと自体が目的になっていたので文字の羅列をとりあえず読んでましたがここを変えました。

「神様、つつしんで申し上げますが、、、民数記って読まないといけないんですか?」←

「当時の記録を読むことから悟ることを教えてください」

このように不平不満ではなく(笑)、素直になって尋ねてみながら読んでみると、意外な発見や気付きがあり面白いんです。神様はインスピレーションをくださるんだとわかると、「さっすが神様!」と反応しちゃいます。

そうすると神様はまた別の気づきをくださって、このやりとりがとっても楽しいんです。

1年の最初は「神様の日」

滝が降り注ぐように神様に栄光!

キリスト教福音宣教会(CGM)では1年の最初の期間を「神様の日」としてたくさん讃美もして栄光を帰します。

年末から、1月になったら「正月休みどころか本番だ!!!!!」と例年になく意気込むようになったんですが(笑)実際そのとおりになりました。

教会で神様に讃美の作品をプレゼントする企画の準備にあたって、2021年初日には吹き初めをして栄光を帰しました。

練習をして帰宅する頃には、すでに辺りは真っ暗(笑)
時間を気にせず神様のために使えるって贅沢だなぁと、夕日を見ながらしみじみ感じました。

たくさん讃美した2020年から更に新しくする2021年の「神様の日」は、讃美するときのように日常生活を過ごして、神様に栄光帰してみようとおもいます^^

兄弟たちよ。そういうわけで、神のあわれみによってあなたがたに勧める。あなたがたのからだを、神に喜ばれる、生きた、聖なる供え物としてささげなさい。それが、あなたがたのなすべき霊的な礼拝である。 
あなたがたは、この世と妥協してはならない。むしろ、心を新たにすることによって、造りかえられ、何が神の御旨であるか、何が善であって、神に喜ばれ、かつ全きことであるかを、わきまえ知るべきである。

ローマ人への手紙12章1-2節
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる