MENU
アーカイブ

大人が自分の性格を直す方法とは?|いつもの反応を少し変えてみる

CGMで信仰生活を始めて2000日が経った中で、面白いなと思ったのが主日礼拝。

鄭明析先生が伝えてくださる御言葉は、その時直面している問題が解かれる答えだったり、過ぎた日に受けた傷やわだかまりが解かれる癒やしでもあり、新しい構想や力を受ける時間で、1週間の中でいちばんの楽しみになりました。

目次

主日礼拝が面白いなと思う理由:礼拝前

私の場合は大抵、主日の御言葉を悟れるように、①前の週から御言葉に該当する問題意識を持つようになる、②生活の中で前兆のような体験する(特に礼拝前日!)のいずれかのパターンで神様が働きかけてくださいます。
(これは極めて感謝というか、神様優しすぎる!としか言いようがありません・笑)

リアルな生活の中で訪れる出来事から、これはもしかしたら予告(前兆)かもと思うたびにワクワク感が出るんです。

今年は霊肉新しくする年、”刷新の年“でもあるので、日々多かれ少なかれ新しく変化の毎日。

変化を積み重ねて4ヶ月目に突入したところ、なんか動きがなまりのように重い感じがしてならず、変化を止めようとしているのが「今まで(既存)の自分の考え方のクセや、認識感、行動」ではないかと先週なんとなーく、から徐々に本気で考えるようになりました。

このような経緯があって、今週の御言葉が出たので「だから先週このことについて考えるようになったんだ!」とスッキリして、神様にとても感謝です。

主日礼拝が面白いなと思う理由:礼拝後

さて、おばあちゃんとの思い出から幸いにも「相手の心をわかってあげる、感じようとしてみる」ことを感覚レベルで思い返すようになった翌日の職場でのこと。

お仕事仲間のUさんが遅刻をしてきました。

割と時間ギリギリに来られる方で、いつもならちょっとモヤモヤしたりして、でもこんな気持ちにはなっていけないとおもって、モヤモヤを我慢していたんです。

どんなに曇りの空でも太陽は存在しているように、我慢したとしてもモヤモヤ自体は存在しているから、実際かなり遅刻した状況になったときはモヤモヤがいつもの2割増しに(笑)

神様を知らず、御言葉も知らなかったらイラッとしてちょっとツンケンした態度に出ちゃって、何の解決にもならなかったとおもいます。

 

でも、あ~これは今週の御言葉を実践するためにくださったシチュエーションだな(にやり)とわかったわけです。

ゲームで敵が現れたように、私の短所を克服するためのサタンとの戦闘シーンだと思ってテンションが上りつつ(笑)、Uさんの心をかんじてみようと、思いを馳せてみました。

子育てで寝不足だったとか、朝出てくるまでバタバタだったとか、それでも通勤中、車を飛ばして来たんじゃないか、などを脳内で映像で見るかんじで。

 

そうしている内に、口をついて出てきたのが「事故なく来れてよかった」のひと言。

Uさんは一瞬驚きながらも、緊張した表情が穏やかになって色々話してくれました。

いつもとちがうあたたかい場の雰囲気に、御言葉通りに実践してみたら本当に平和が作り出せるんだなと実感。

自分の心の中にいた敵、すなわちサタンにも勝利した!と信じます(笑)

人格、性格を直すために必要なこと

「いつもの反応を変える」こと。

そのために、相手の心をわかってあげ、感じようとしてみて、自分の認識の外側を見ようとすることなのかなというのが今週の収穫でした。

短所をなくす方法は、生活の中の問題を解決しながら、祈りながら、分別しながらいくことです。

御言葉より

人の性格を変えるのは本当に難しくて、私には無理だと思ってましたが、やってみたらできたのがうれしい!
神様と生活を共にするようになって毎日の生活が本当に面白くなりました。

1週間が早くも終わり、明日は主日礼拝。

今週できた経緯にたくさん感謝して、楽しむ一日にしたいとおもいます!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる